男女と子供

働きながら保育士の資格を取るなら通信講座が最適

女の人

大学と民間会社の養成講座

保育士資格を取得するのに通信教育で学ぶメリットは、仕事や子育てで忙しくても時間を見つけて自宅で学ぶことができる点です。ただし、通信制大学の場合は、自宅学習以外にもスクーリングや実習があるため、その期間の仕事の都合がつくか、幼い子どもがいる場合は預け先は確保できるかを考えて受講を決める必要があります。

主婦からの人気の理由

子供と婦人

学習時間や費用を節約

育児が一段落したら育児の経験を生かして保育士として働きたいと考える主婦の方が増えてきています。社会全体の保育園不足、保育士不足といった状況から、比較的雇用のチャンスが多い分野であることも、主婦からの保育士人気の後押しとなっています。主婦が保育士を目指す場合、最も人気のある資格取得方法は通信講座となっています。その理由は、やはり育児や家事の隙間時間に勉強することが出来るから、という理由が多くなっています。専門の養成学校に通って資格取得をするには、ある程度まとまった時間を確保することが必要となり、小さなお子さんを育てている主婦にはハードルが高いのが現実です。その点、通信講座であれば、まとまった時間を確保する必要はなく、空いた時間を有効活用して学習を行うことが出来ます。また、養成学校に通うよりも費用が安く済む点も人気の理由となっています。養成学校に通う場合、費用は最低でも100万円ほどかかります。小さいお子さんがいて、これからますますお金が必要となってくる主婦にとっては大きな出費となってしまいます。その点、通信講座では4万円ほどの費用で済んでしまうため、家計のことも考え通信講座を選択する主婦が多くなっています。さらに、通信講座では自分の頑張り次第で、短期間での資格取得が可能となる点も大きな魅力です。養成学校では最低2年間の通学が必要ですが、通信講座ではやる気と勉強法次第で半年での資格取得も不可能ではありません。そういった、自分の頑張りが資格取得に大きく反映する通信講座は、やりがいを感じられる点も選ばれている理由となっています。

勉強する人

国家試験合格のために

保育士資格は、養成課程で必要な単位を修得していない人でも、国家試験に合格すれば取得できます。そしてそのために多くの人が、通信講座を利用しています。国家試験で出題される内容を中心とした学習ができる上、絵画制作などの実技試験対策も行われるからです。そのため合格率を、大幅に高めることが可能となります。

保育園

保育の専門家になる

保育士の資格を取得するために、国家試験を受験する人が増えています。受験する人の多くは仕事を持っているので、いつでも勉強できる通信講座を利用することが多いと言います。講座を選ぶ時は、自分のスケジュールに合っているか、並びに質疑応答の機会があるかを確かめておくことです。